<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
夏休み、終わりました。
今日で夏休み終了。

夏休み初日の13日から実家に帰り、
フルに遊びました。

結婚してもこのスタイルは変わりません。


14日にはゴルフ。

15日には奥さんも山口入り。
夜には友人たちが僕らの結婚祝いをしてくれました。

ありがとうっ!!


16日からは奥さんを連れて方々に出かけました。


萩の松陰神社、津和野の太鼓谷神社、
大島の片添えが浜、寂地峡の5竜の滝、
西の日光・耕三寺、・・・

山口県内だけでは飽き足らず、
広島県尾道市からしまなみ海道を渡り、
なんと四国まで足をのばしました。


地元・下松名物の牛骨ラーメンを喰らい、
各地の海で海の幸を喰らい、
山賊料理を喰らい、
ホントいろんなものを食べ歩きました。


最後の夜は父の還暦祝い。
プレゼントに一眼レフカメラをプレゼント。

姪っ子が今年から小学生なので、
活躍する機会もきっとあるはず。


いや〜イベント万歳の
楽しい楽しい夏休みでした。


明日から社会復帰できるか心配です。




〜以下、写真〜


<松陰神社にあったとある芸能人の作文>

幕末マニアで山口によく来ているらしい。





<津和野の鯉>

写真じゃわかりにくいけど、とにかくでかいっ!!





<いろり山賊>

ついこの間、某テレビ番組で放送された山口県の有名店。
この日も並んでからご飯にありつくまでに2時間以上待ちました。





<周防大島の片添えが浜>

ハワイのカウアイ島と姉妹島の周防大島。
浜辺がとてもきれいで、周りも若干南国風。
盆明けだったためか、水着ギャルは少なかったなぁ・・・残念。





<寂地峡の5竜の滝>

山口県で唯一の日本100名瀑。





<西の日光・耕三寺>

しまなみ海道の途中の島にある耕三寺。
派手な色使いからか、西の日光と呼ばれている。
個人で作ったらしい。





ちなみに、写真に移っているこの後ろ姿のイケメン(?)が
今回のすべての旅の案内人・N氏です。

N氏、ホントにありがとね。



| くわ☆MAN | 旅行 | comments(1) | trackbacks(0) |
パワースポット。
昨日までの3日間、
結婚休暇を取って、和歌山県にあるとある”パワースポット巡り”に行ってきました。


〜1日目〜

和歌山に行く途中、
よく考えてみると名古屋に行ったことがないということで、
名古屋にも少しだけ立ち寄りました。

行った先は・・・名古屋城。

雨が降ってたせいか、人はあまりいませんでした・・・。
有名な観光地なのに人がまばらだとちょっと雰囲気が出ないなぁ・・・。





名古屋で名物・ひつまぶしを食べて、
特急・南紀で和歌山入り。

移動だけで6時間以上。
疲れた身体を温泉で癒す・・・


海の近くの温泉で、
露天風呂にはなんとフナムシもチラホラ・・・

岩に波が打ち寄せる音が迫力満点っ!!



〜2日目〜

朝から温泉に浸かる。

ホテルの名物である大洞窟の中にある温泉。
朝早いからなのか、ほぼ貸し切り。

波の音が洞窟内にとどろき、
迫力は昨日以上。

これで天気がよければ最高なのに・・・。


朝食をたっぷり食べて、
レンタカーで、いざっ「熊野古道」へ。


杉がうっそうと繁っている中、
石の階段を上ってく。

ちなみにこの坂を「大門坂」と言い、
ここが熊野古道のパンフレットに載っている場所。





雨のおかげで、よりスピリチュアルな雰囲気を楽しめた。
(スピリチュアルが何かよくわからないけど)


この坂を登ったところにあるのが、
熊野三社の一つ「熊野那智大社」と「青岸渡寺

神社とお寺がすぐ隣にあるのは珍しいんですって。

そう言われてみると確かに・・・ね。






この後に行ったのが、2つめのメイン「那智の滝

残念ながら、雨のため上の方は全く見えなかったけど、
水量が増えていることもあって、
見えないうちから轟音が響いていました。

滝の近くまで寄ってみると、
滝の方から突風が吹いてくる。

もうちょっとで傘が折れるところだったよ・・・。






那智の滝のあとはまた大門坂を通って駐車場へ。

この時間くらいから風が強くなってきて、
この後に行った
熊野三社の残りの「熊野本宮大社」、「熊野速玉大社」は
ほとんど人がいませんでした。








〜最終日〜

最終日も朝から温泉に浸かって
岐路にたつ。

台風も低気圧に変わり、
雨が上がってくれて一安心。

と思いきや、
強風で乗る予定の列車が停止。

途中の駅で1時間以上足止めをくらっちゃいました。



なんとか、運転が再開して、
最後の観光地「伊勢神宮」に到着。



派手な装飾はないけど、
広い敷地内は自然がたくさんあり、
人も多くて「いかにも観光地」って感じでした。

時間がなくて「内宮」しか行くことができなかったのが、残念。
次回は「外宮」にも行きたいな。



〜〜〜


いろいろあったけど、楽しい旅行になりました。
心も身体も思いっきりリフレッシュできたし。

まだまだ国内にも行きたいところがあるし、
年に1回くらいは遠出するのもいいなぁ〜
と感じた3日間でした。




| くわ☆MAN | 旅行 | comments(1) | trackbacks(0) |
紅葉を求めて・・・
この1週間、
長期休暇をとって、
地元・山口からきたN村氏とともに旅に出ました。

鎌倉に行き、
奥日光に行き、
軽井沢に行き、
山形・銀山温泉に行き、
宮城・松島に行き・・・

結局どこも紅葉してなかった・・・。

今年は暑いなぁ・・・


わざわざ山口から来てもらったのに、
紅葉してないだなんてさ・・・

申し訳ない。



まぁ、各地で美味しいもの食べに行けただけでも良しとしよう。

鎌倉でしらす丼、
横浜で中華、
日光でゆば三昧、
軽井沢で和牛100%のハンバーグ、
米沢で米沢牛ステーキ、
仙台で牛タン・・・


いや〜贅沢したわ〜


1週間で2キロ太ったし・・・



ついでに道中にスピード違反でつかまり、
違反金を・・・


いや〜お金つかったなぁ〜。

はぁ〜あ〜




〜鎌倉の大仏〜






〜銀山温泉〜


| くわ☆MAN | 旅行 | comments(14) | trackbacks(0) |
秋田旅行
 秋田旅行3日目は、
鳥海山のふもとにある「法体の滝」からスタート。

「法体の滝」は天然記念物第1号に指定され、
日本の滝百選のひとつ。


駐車場から結構歩くのかな・・・

って思ってたら、
駐車場からでも見えました。






流量が多くて迫力があり、
少し登山道を登れば、
滝の上まで行ける、
なんともお手軽な滝です。


滝のすぐそばが公園になっていて、
キャンプもできるとても良い場所でした。


川で泳いでる子供たちを見て、
僕も思わず服を脱いで飛び込みたかったけど、
グッとこらえて法体の滝を後にしました。



今度は初日に泊まった湯沢市へ逆戻り。

目的は、秋田名物「稲庭うどん」。

稲庭うどんといえば「佐藤養助」。
稲庭うどんを開発した人だと思います。




待ち時間に軽く工場見学をして、
いかに手間暇かけてつくられているのかがわかりました。


やっぱり本場の稲庭うどんは
のど越しがよく、しっかりとしたコシがあって、
非常においしかったです。

銀座にもお店があるので、
うどんが食べたくなったらぜひ寄ってみてください。


昼食を済ませたあとは、
いよいよ最後の目的地へ。

最後に選んだのは「川原毛大湯滝」。

日本三大霊山の「川原毛地獄」にある、
お湯の滝です。




いうなれば、天然の流れる温泉プール
ってところです。



写真を見ての通り、混浴です。

みんな水着を着てるけどね。


到着したのが13時くらいだったせいか、
すでに人がいっぱいでした。

でも、それなりにスペースがあるので、
じっくり温泉に浸かることができました。

滝自体もお湯なので、
滝壺もかなりあったかいです。

滝にあたっても大丈夫みたいですが、
痛そうなのでやめました。



温泉で疲れをとり、
いよいよ秋田ともお別れです。

今回の旅で秋田南部は結構詳しくなったかな。

GWには秋田中部をいろいろ回ったので、
次回は北部に行ってみようかな。

あとは、鳥海山にも登りたいなぁ〜。

小安峡は、紅葉の季節にまた来たいなぁ〜。


自然いっぱい、
おいしいものいっぱい、
秋田ってホントいいところです。
| くわ☆MAN | 旅行 | comments(2) | trackbacks(0) |
秋田旅行
 ということで、「夜花火」の部がスタート。

10号玉2発と2分30秒以内の創造花火で競い合う。

10号玉は1発は課題玉なので、
素人目で見ると、あまり大きな差はなかったなぁ〜。


2発目は自由玉なので、
千輪”とか“冠菊”とかいろいろで楽しめた。


創造花火っていうのは、
音楽に合わせてたくさんの花火を打ち上げるというもの。

中には「これ、音楽にあってるか?」ってのもあったけどね。

それでも、たくさんの花火が夜空いっぱいに広がると、
かなりの迫力です。


10号にしても創造花火にしても、
写真が上手く撮れてたら紹介したかったんだけど、
三脚を駆使してもダメでした・・・。

シャッターを押すタイミングが難しいなぁ〜。


競技の合間に仕掛け花火がいくつかあがるんだけど、
そっちの方が観てて楽しかったな。

特にオープニングのナイアガラ、
フィナーレの10号玉30連発、
そして、大会提供花火・・・

どれも、すごい迫力でした。

ナイアガラは初めてみたけど、
なかなか見事でした。


例の如く、写真はないけど・・・。

詳細を知りたい方は公式HPへどうぞ。

http://www.ldt.co.jp/hanabi/index.html

他にも「大曲 花火」で検索すればいろいろ出てくるかもしれないから
探してみて。

他人任せでスミマセン。


そんな感じで、21時半に大会終了。

帰りは駐車場までずっと行列。

いや〜疲れた疲れた。


慣れない下駄を履いてたから、
足の裏にマメができちゃって痛い・・・。


でも、これだけの大規模な花火大会で、
それも、無料観覧席でシートに寝転がって花火を見れるなんて、
そんなにないんじゃないかなぁ〜。

河川敷だから障害物もないし。


去年は新潟の長岡花火大会に行ったんだけど、
あのときは街中からしか見れないし、
人がいっぱいでシートを敷くスペースすらないし・・・

とまぁ散々だったからね。


大曲の花火はクセになるというけど、
それもわかる気がするよ。


で、この日は久々に車中泊。


〜に続く〜


| くわ☆MAN | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/3PAGES / >>
ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED ARTICLE
LINKS
OTHERS
管理者ページ
rss atom

みんなのブログポータル JUGEM
qrcode
↑このサイトを携帯で見る