<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
谷川岳。
今日は群馬と新潟の県境にある
「谷川岳」に登ってきました。

この谷川岳、実は「魔の山」と呼ばれる恐ろしい山で、
遭難した死者の数がダントツで世界ワースト1です。

某HPによるとその数781人。
エベレストが178人だから・・・。

とは言っても、
今回のコースはそんな急なところは通りませんでしたのでご安心を。


今回は男3人、女1人の合計4人のパーティ。

女の子がいたけど、
ペースはまぁまぁ早かった。


標準タイム4時間強の西黒尾根コースを3時間半くらいで登りきりましたよ。


谷川岳は曇っていることが多いらしいけど、
今日は雲のない天気で山頂からの眺望は最高にきれいでした。

見ての通り、稜線が見事なまでにくっきりしてました。




眺望の良いこの場所でちょっとブレイク。


あったかいお味噌汁がコンビニおむすびによくマッチして、
なかなかの食事になりました。

さて、気合いを入れていよいよ頂上だっ!!


と思ったら、
5分くらい登ったところがひとつめの山頂「トマの耳」でした。




トマの耳は1963m

2000mない割には厳しい気候のため、
森林限界が早いそうで・・・。




そのあと15分くらいで2つめの山頂「オキの耳」に到着。




こちらは1977m


ここには登山ブームのためなのか、
たくさんの人がいました。


ま、先週の槍ヶ岳ほどではなかったですが・・・。


その後2時間半かけていっきに下山。

下山コースは最もポップな天神平コースだったため、
軽く渋滞。


帰りはロープウェー乗り場まで。
これが人気の秘密なんだな〜。



登り始めからちょうど7時間で下山。


見事な眺望と適度な疲れ。



やっぱりこれぐらいがちょうどイイなぁ〜。




帰りは谷川温泉にじっくり浸かって、
焼き肉を食べて帰りましたとさ。



めでたしめでたし。


今年はこれがラスト登山・・・かな?


| くわ☆MAN | 登山 | comments(0) | trackbacks(0) |
槍ヶ岳。
3連休はずっと動きっぱなしでした。

18日の夜に出発して、
岐阜県と長野県の県境に位置する槍ヶ岳に行ってきました。

18日の夜は新穂高温泉の駐車場でテント泊。

翌朝5時から登山開始。

そこから7時間で槍ヶ岳山荘に到着。

ラスト1時間くらいは
3歩進むごとに一息つかないと脚が上がらないほどに・・・。

いや〜疲れた。
途中で何度発狂しそうになったことか・・・。



槍ヶ岳山荘には登山客がいっぱい。

山荘から槍の穂先までは
ずらっと長蛇の列が・・・。





標準時間で往復1時間程度のところが
先まで行くのに2時間近くかかりました。

でも、そこまでしてようやく槍ヶ岳登頂です。

標高3180m



スタートからの標高差2200m。


本当だったらここで山頂からの景色を楽しむところなんだけど、
穂先は人がいっぱいで数分程度しかいられませんでした・・・。



今回の登山の恐ろしいところは
これで終わりではないとうこと。


槍ヶ岳から、大喰岳、中岳の稜線を歩いて南岳まで縦走。

ちなみに、
大喰岳3101m
中岳3084m
南岳3032m
です。

1日で3000m級を4座制覇っ!!



いや〜きつい。
ひさびさに自分の限界を超えた気がします。


っていうか、超えてたな。





目的地の南岳山荘に到着したのは、
スタートから11時間半後の午後4時半過ぎでした。

長かった・・・。

もちろん、1日の歩行時間記録更新。


夕飯を作って、テント泊。


明日は下山だけだから楽だな・・・




と思っていたら、
あいにく次の日は雨天スタート。


今回の登山は持っているもののほぼすべてを使いました。

途中で雨はやんでくれたからまだ助かったけど、
下山は下山で大変。

特に稜線から下る道は
地面に対してほぼ直角。

脚を滑らしたら命が危ない。

あぁ〜怖かった。


朝7時に出て12時ちょうどに下山完了。



みんな大きなけがもなく、無事に下山できて一安心。

山頂で朝日を拝むことができなかったことは残念だけど、
ついに3000m超えを果たした達成感と
穂先から眺めた景色の美しさは
何事にも変えられない宝物です。


でも、しばらくはこんなキツイ登山は勘弁です・・・。



| くわ☆MAN | 登山 | comments(0) | trackbacks(0) |
磐梯山。
今日は朝3時半に起きて、
福島県の磐梯山に行きました。

もちろん、日本百名山のひとつです。

磐梯山の上空は雲ひとつない快晴。

6時半くらいから登り始めたんだけど、
すでに暑いっ!!

やっぱり夏登山はこの暑さが最大の敵です。

木が生い茂っていて、
木や草を分け入って登るところも・・・。


でも、猪苗代の街を覆う雲海や
緑の美しさに感動しながら登ってると
つらいことも耐えられる。

途中で湧水でのどを潤したり、
仲間と談笑しながら山の中腹でご飯を食べたり、
ちょっとしたピクニック気分も味わえました。


登り始めから、約4時間。
いよいよ山頂っ!!

標高1819メートルっ!!

東北の山、ひとつ目です。




登山ブームということもあってか、
人が大勢いました。

でも、山頂はホントに山頂で、
360°の大パノラマっ!!


ちなみに下の写真は、
山頂からみた猪苗代湖と、
冬になるとワカサギ釣りにいく桧原湖です。


猪苗代湖は磐梯山の南に位置し、
桧原湖は北側に位置します。








よくよく考えてみると、
冬以外にこのあたりに来ることがなかったから、
こんなに田園が広がってることも知らなかった。


この景色はいままで登った山の中でダントツ1番っ!!

これは感動したっ!!


写真の腕がないため、
この感動を伝えられないのが残念。


あまりにきれいなので、
1時間近く滞在してしまいました・・・。


下山は登りとは違うコースで。

登りはどちらかというと、
緩やかだけど長い距離を歩くコース。


下りは全くの逆で、
まっすぐに下りていくコース。


さらに、半分以上が木々の間を抜けていくので、
結構大変。

足場もごろごろしてるし、
滑る滑る。


おまけに途中でなぜか鼻血が出てくるし・・・
(別に変なことを考えてたわけじゃないよ。)



それでも、最後は緑がきれいなゲレンデを下って終了。

下りは3時間半くらいだったかな。



先に下りていた仲間が車を回してくれてて助かった。
おまけにジュースまで用意してくれたし。

仲間の存在がありがたいね。



それにしても、磐梯山は想像以上によかった。

たまに険しいところもあるけれど、
緑がきれいだし、
サイコーです。

もっと涼しいときにくればホントにサイコーっ!!


登山口がいくつもあるから、
今度は別のコースで行くのもいいかもなぁ〜。



| くわ☆MAN | 登山 | comments(2) | trackbacks(0) |
ナイトクライミング。

今週末は日光にある男体山にある二荒山神社の登拝祭(とはいさい)に参加してみました。

登拝祭っていうのは、簡単に言えば夜間登山イベントです。

昨日はその初日で、500人くらいの人が参加してました。


31日の深夜0時に宮司のホラ貝の音で開始して、
5,60人ずつ登り始めます。

1合目から8合目くらいまではずっと行列ができていて、
ペースはかなりゆっくり。

周りの人の会話によると、
今年は例年に比べて、
1.5倍くらい人がいたそうです。

確かに、僕らと同じ世代と思われる若い参加者、
特に女性が結構いました。

まさに、空前の登山ブームっ!!

通常3時間くらいで登るところが、
4時間半くらいかかりました。

周りの山に雲がかかっていたため、
日の出から20分くらいしてからようやく太陽とご対面。



暗いのであまりきれいに撮れなかったけど、
実際はとても幻想的で、きれいです。


ちょっと休憩して、ちょっとだけ仮眠をとってから下山。


下山もやっぱりところどころで行列ができていて、
3時間くらいかかりました。


一緒に登った仲間4人も無事に下山。


終盤はさすがに膝や腰が痛かった。

ちょっと筋トレして、
膝周りの筋肉をつけないとなぁ〜

と今後の課題もみつかりました。



夜間登山は普通の登山を違い、
周りの山々の景色を眺めることはできないけど、
山頂付近から見下ろす街の夜景はなかなかの絶景でした。

でも、やっぱりご来光の時がきれいですね。
残念ながら、写真はきれいに撮れませんでしたが・・・。


でも、周りのペースに合わせながら登るのは、
ゆっくりでもそれなり体力を消耗するんだと実感。


いろいろと勉強になった、今回の夜間登山でした。


| くわ☆MAN | 登山 | comments(0) | trackbacks(0) |
八ヶ岳登山。 

この週末は長野県の八ヶ岳に行ってきました。

今回は初の泊まり。

それも山小屋じゃなくてテント泊。
荷物の重さも今までの2倍以上。

いや〜果たしてどんなドラマが待っているのか楽しみで
前日はなかなか眠れなかったよ。


朝3時に出発して、
所々で迷って予定より2時間くらい遅れて駐車場に9時頃到着。

梅雨時期だというのに、
天気は快晴っ!!

いや〜よかった。


駐車場から2時間弱で野営場に到着。


寝袋とかマット、調理道具などをテントに置いて、
いよいよ登山本格スタート。


夏沢峠を通過して、
強風にあおられながらも石がゴロゴロしている道をひたすら登る。


登り始めて2時間でようやく八ヶ岳の1つ「硫黄岳」に到着。

標高は自己最高の2760mっ!!





このまま隣の「横岳」、さらに隣の「赤岳」にいくぞっ!!



(左:横岳 右:赤岳)


・・・という予定だったけど、
すでに15時過ぎ。

時間的にも体力的にも厳しいということで、
今回は硫黄岳までで断念。


その後、1時間半くらいでテントに戻って、
ここからは一気にキャンプモード。


カレーを作って、酒を飲み、
ワイワイやりました。

完全に真っ暗になってから、
ヘッドランプを装着して露天風呂へ。

なんと、入った温泉は、
通年営業の温泉では日本一の高所温泉「本沢温泉」




湯船はちいさかったけど、
泉質は濃い硫黄泉なのかすごくヌルヌルしていて
お肌がつやつやになりました。


その後はおとなしくテントに戻って就寝。


翌日の朝は6時に起床。

朝食は味噌ラーメンとラスク。
デザートはさくらんぼと杏仁豆腐。

とても充実してました。


2日目はテントを撤収して、そのまま下山。

残念ながら天気が悪くなってきたので・・・。


でも、1日目だけで十分満足できたし、
車の中でワイワイ騒ぎながらのドライブもなかなか楽しいもので。


帰りに寄った温泉もサイコーだったし。


ホント、充実した2日間でした。

登山はもちろん、キャンプもまたやりたいなぁ〜。


| くわ☆MAN | 登山 | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/3PAGES / >>
ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED ARTICLE
LINKS
OTHERS
管理者ページ
rss atom

みんなのブログポータル JUGEM
qrcode
↑このサイトを携帯で見る