<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
さば缶。
昨日の夕食の話。

家に帰ってご飯作ろうと思ったら、
あんまり食材がなかったので、
非常食用に備蓄していた缶詰を食べることにしました。

6、7缶くらいある中で、
一番賞味期限が近いものを食べようと思って、
缶の裏を見てみると、
どれもこれも2008年8月になってました。

いつ作られたのかわかんないけど、
やっぱり缶詰は保存食にぴったりやね。


と思いきや、

ありました、イレギュラーなやつが。
そう、あいつです。
さば缶です。


「2006.06.01」



一瞬目を疑いました。
思わず二度見、いや、三度見しちゃいました。

間違いなくその数字は“2006年6月1日”を意味する。

でもあわてるにはまだはやい。
これが賞味期限と決まったわけではない。


丁寧に缶をまわして、
よくよく見てみると・・・


「賞味期限 缶底に表示」

だいたい想像はついてたけどね。


つまり、この缶詰は半年以上賞味期限が過ぎているということです。
おいしく頂けくことができない可能性があるわけです。


さて、どうしようか。

開けたとたんに、これまでに見たことないようなものが出てくるかもしれない。

やっぱり、このまま開けずに捨てるべきか。


・・・

でも、


MOTTAINAI!!


ということで、食べました。

そのままガブリはさすがに怖いので、
血液サラサラ効果の高い玉ねぎを千切りにして、
一緒に煮込んで食べました。

特にこれといって臭いこともまずいこともなく、
おいしく頂けちゃいました。


正直、今日あたり腹痛になるんじゃないかと心配してたのですが、
そんなことも全くありませんでした。


まぁもともと賞味期限が3、4年ぐらいある缶詰ですから、
半年くらいすぎても問題ないんでしょうね。

さば缶の半年なんて、
牛乳でいえば1、2日くらいのものなんですよ。

たぶん。

そういえば最近使い切った食用油ボトルを見てみたら、
賞味期限が1年ぐらい切れてたなぁ〜。

賞味期限が切れても十分味わえるのは、
食べ物も人も同じなんですね。
| くわ☆MAN | 料理 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近のオススメ。
最近仕事が忙しく、夕食も会社で済ますことが多いです。
でも、先週末にはいろいろ料理しました。

その中でオススメの一品を紹介します。

それは・・・


納豆チャーハン!!

まぁやったことがある人もいるとは思うけど、
結構おいしいです。
ご飯と納豆の相性は抜群なんで、合わないわけがないんですが。

でも、僕のはちょっと違う。

何がって・・・

納豆の賞味期限が1週間も過ぎているってこと。

まぁもともと発酵してるわけだから、1週間くらいなら問題ないはず。

あっ別に賞味期限が切れているってところはオススメではないので。

でも、腐りかけが一番おいしいという噂も・・・。



で、作り方はいたって簡単。

,茲熱したフライパンに油をひく。

⊂さめに切った鶏肉と玉ねぎのみじんきりをフライパンに入れよく炒める。

フライパンに納豆を投入し、粘り気がなくなるまで炒める。
 納豆が思った以上に焦げ易いので、火は中火くらいがイイかも。

けコショウと和風だし、しょうゆで味付け。

イい辰燭鸛瓦銅茲蟒个靴董∈討咼侫薀ぅ僖鵑北をひく(ちょっと多めに)。

Ε侫薀ぅ僖鵑砲箸玉子を入れる。

Ф婿劼固まる前にご飯を入れる。
 ごはんは温かい方がパラパラになりやすい(と思う)。

┗コショウ、和風だしで味付け。

先に炒めておいた具材を入れてよく混ぜ合わす。

お皿に盛って、きざみのりをかけて完成っ!!

僕はここで、眼の前にあったカボチャの種のおつまみをトッピング。



納豆のにおいが苦手な人にはたまらなく辛い、
そんなチャーハンですが、なかなかおいし〜よっ!!

まぁ納豆はそのままが一番ってこだわりがある人にはオススメしませんが。

納豆の賞味期限が切れて、そのまま食べるのはちょっと・・・
ってときにはぜひお試しあれ。
火を通したら、なんとなく安心できるから。

| くわ☆MAN | 料理 | comments(2) | trackbacks(0) |
さつま芋ごはん。
今日はクリスマス。
でも、悲しいことに何も予定はない。

昨日までの疲れを取るために、
ゆっくり休むことにするつもりだったんだけど、
いつもどおりに目が覚めたので、
なんとなく、料理でもしてみようかなと。

で、今回挑戦したメニューがタイトルの「さつま芋ごはん」。

実は、スノボーに行ったときに、さつま芋の食べ方として、
マッサージ上手なYさんに紹介してもらった料理。
そのときは、そんなのあったなぁって感じで終わってたんだけど、
せっかく教えてもらったんで、忘れないうちに作ってみようと。


買出しを済ませて、いざ調理開始。

まず、ご飯の上に昆布をおいて水につける。
これだけでも、ちょっと本格的な感じがする。

次に、主役のさつま芋を切る。
切ってみてビックリ。
手にしていたのはさつま芋ではなく、
なんと紫芋だった。

皮がついているから、見た目じゃ見分けられないし、
なんせ、祖母が紫芋を栽培しているとは・・・。
前に芋煮会したときには、黄色かったのになぁ・・・。

もう、切ってしまってはしょうがない。
予定を急遽変更して、今回は「紫芋ごはん」にすることにした。
色合いが気になるところだが・・・。

酒と塩とみりんを炊飯器に入れて米とよく混ぜる。
紫芋を10分くらい塩水につけてアク抜きして、米の上に置く。

そして、炊飯器のスイッチON。

紫芋ご飯が炊き上がるまでに、今度は「鶏ジャガ」と「味噌汁」を作る。

「鶏ジャガ」は週に1回は作る定番料理。
「味噌汁」はほぼ毎日作るので楽勝。

約50分後、紫芋の甘い香りが部屋を漂い始め、
ついに炊き上がる。

茶碗に盛って、黒ゴマをふりかけて完成。



ごはんにも紫芋の色が付いて、ちょっと赤飯チックな色合い。
味はなかなかおいしい。

これで、料理のレパートリーがまた増えた。
思えば、ご飯をアレンジするのは初めてかもしれない。

今後も合間を見ては、新しいメニューに挑戦していきたい。

| くわ☆MAN | 料理 | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /
ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED ARTICLE
LINKS
OTHERS
管理者ページ
rss atom

みんなのブログポータル JUGEM
qrcode
↑このサイトを携帯で見る